サーバー技術

【HPE】「iLO」とは?遠隔地制御のチップセットがもたらすメリット

更新日:

「iLO」とは?

 

「iLO」とは、Hewlett-Packard(HP)社が開発する物理サーバのリモートコントロール機能のこと。iLOはチップセット組み込みのファームウェア上で動作・機能する(上記イメージ図)。

2018年現在の最新版は「iLO5」

 

「iLO」の読み方

iLOはIntegrated Lights-Outの略。「アイロ」と呼ぶエンジニアが多い

HP社員も「アイロ」と読んでいるのをよく見る。

 

「iLO」へのアクセス方法

 

iLOへのアクセス方法は主に以下の2つがある。

  • シリアルポート
  • 管理用LANポート(Webアクセス)

 

シリアルポートからのアクセスは当然現地作業が必要となる。iLO自体が遠隔地制御を目的とする以上、シリアルポートが使われることはあまり無い

ただし、初期セットアップ時や管理用LANポートの不具合発生時などにはシリアルポートが使われることも一応ある。

 

「iLO」の特徴

「iLO」のメリット

iLOの主なメリットは「遠隔地から物理サーバーを制御できる」ということ

 

これだけ聞くとリモートデスクトップやsshとさして変わらないような印象を受けるが、「物理的な作業」も遠隔地からWeb操作できる点が大きな違いとなる。

 

「物理的な作業」の例

  • パワーボタン押下
  • BIOS設定
  • モニターのD-sub接続相当表示
  • マウス・キーボードのUSB接続操作

 

また、上述の「管理用LANポート」はサーバ標準搭載のLANポートとは異なりiLO専用の独立LANポートとなるため、サーバ機器本体のトラブル時にも問題なくリモートアクセスすることができるのが強み。

 

「iLO」のデメリット(注意点)

iLOのSNMP Trapはフィルタリング機能がなく全イベントが発行(送信)されるため、SNMP Trapの受信側でイベントをフィルタリングをする必要がある

記事下AdSense

-サーバー技術

Copyright© いんふらっと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.